抜け毛 酷い 女性

「抜け毛がひどくなった!」と感じたら

30代の女性は仕事に家事に育児にととっても忙しい毎日を送っています。毎日が嵐のように過ぎる中で、ふと「最近抜け毛多くない!?」って気がついたりします。

 

「まだまだそんなに年じゃない」って思っていても、体の変化は正直なもの。30代も半ば以降になると、髪にも色んな変化が現れてきます。

 

「抜け毛の増加」もそのうちの一つです。

 

夜、お風呂でシャンプーしている時に手に絡みつくようにゴッソリと抜けてしまう。
乾かしている間にもまた抜ける。
ブラシでとかせばもっと抜ける。

 

 

こんな毎日では泣きたくなりますよね・・・

 

1日に抜ける髪の本数は、通常は80本前後、多くても100本くらいまでが通常の範囲内です。
それ以上抜ける場合は注意が必要です。

 

実は、抜け毛は薄毛になる前の初期頃の症状です。
早めに対策を打たないと、将来的に「女性の薄毛」に悩まされるかもしれません。


「抜け毛が酷い」の後には「薄毛」が待っている

40代〜50代以降の女性だと、目に見えて「薄毛」になっている人も少なくありません。女性の薄毛は全体的に徐々に進行していくので自分では気が付きにくいもの。

 

最初はどのような症状から始まるのでしょうか?

 

薄毛の進行

1・髪にハリ・コシがなくなり柔らかくなる
2.抜け毛が増える
3.全体的に量が減ってボリュームがなくなる(抜け毛は逆に減っていたりする)
4.さらに全体の量が減り、分け目や生え際が薄くなっている
5.頭頂部などに明らかに地肌が透けている部分が出てくる

 

「抜け毛が酷い」のは薄毛まで進行してしまう前の初期症状の段階です。ここで早めの育毛ケアをするのとしないのでは、数年後に確実に差が出てきます。

 

薄毛予防のためにできることは色々あります。次の項では対処の方法をご紹介します。

抜け毛の増加が進行して「薄毛」にならないためにやるべきこと

加齢が原因の薄毛予防には、早めの対処が大切です。抜け毛が増えて薄毛になるのは、毛根にある毛乳頭の働きが弱くなっているから。毛乳頭が元気に働いてくれるように、出来ることがあります。

 

血行促進

頭皮が赤くなったり硬くなったりしていませんか?頭皮への血流が滞ると頭皮が赤くなったり硬くなったりするんです。健康な頭皮は青白く透き通り、柔らかい状態です。また、色の変化まで起こっていなくても血行不良の初期の段階の人もいます。冷え性だったりする人は要注意です。

 

頭皮の血行を良くするためには全身運動や頭皮マッサージが有効です。

 

生活習慣の改善

喫煙や睡眠不足、食生活の乱れなど美容に悪いことは当然頭皮にも良くありません。たばこを吸うと血流の変化が起こり、頭皮の血行不良に繋がります。また、睡眠不足は身体機能全体の低下を招くので頭皮にも良いことがありません。食生活の乱れからくる良質な栄養の不足もまた同じことが言えます。

 

栄養をとって、十分な休息。タバコは控えめにしましょう。

 

運動

運動することで全身の血流が良くなり、頭皮の血行促進にもなります。

 

 

いかがですか?「そんなのはわかってる!でもできないから困っているんだよ」って思うかもしれません。だけど、「知っている」と「知らない」のでは大違いですもんね。できることからコツコツ頑張ってみませんか?

 

また、頭皮の血流改善や発毛促進には育毛剤を使ってみるの一つの手です。女性の育毛向けの有効成分やステキなボトルデザインなど、女性ならではの育毛剤がオススメですよ♪

 

 

抜け毛予防に有効的な人気の女性用育毛剤はコチラ